2D・イラスト⇒3D化⇒3Dプリントのお話③

おはようございます、こんにちは、こんばんは、担当Yです。

早いもので、もう3回目の更新ですね(笑)。

今回からは3Dデータから3Dプリントしていく過程をご紹介します。

STEP2.[3Dデータの変換]

このSTEPタイトルに「おやっ?」て思われませんでしたか?

3Dデータが出来たから、このデータをそのまま3Dプリンタに使えないのかって?

実は3Dプリントを実行する際には、3Dプリンタ用のデータに変換する必要があります。

流れとしては、[3Dデータ⇒STLデータ⇒3Dプリント用データ]となっており

合計2回の変換が必要になります。

では、データ変換をしていきましょう。

STEP2-1.[3Dデータ⇒STLデータ]

白:3Dモデル 青:STLデータ

STLデータへの変換はCAD上でワンボタンで行うことが出来ます。

STLデータを拡大してみると・・・

ボディの部分や腕の部分、全ての部分が三角形の面で表現されています。

三角形にすることでデータ構造が簡素化され、3Dプリンタ用データに変換が可能となります。

では、このSTLデータを3Dプリンタ用データにしていきましょう。

STEP2-2.[STLデータ3Dプリンタ用データ]

使用する3Dプリンタによって変換ソフト(スライサーソフト)は異なりますが、

3Dプリンタ購入時に変換ソフトは指定・推奨されているので心配は要りません。

スライサーソフトでは、その名のとおりSTLデータを水平にスライスし、

スライスの間隔や、3Dプリンタの移動速度、

複雑な形状の造形を可能にする支柱(サポート)の数や太さなど

実際に3Dプリントする際の3Dプリンタの条件を設定することができます。

今回は、私が所有している光造形方式の3Dプリンタで出力する予定なので、

そちらに対応したソフトを使用します。

では、設定をしていきましょう。

こちらが、スライサーソフトの画面になります。

底の四角い青枠が造形範囲を示しています。

脚や胴体がこのままだと支えられないので、ラフト(固定台)とサポートで全体を支えてあげます。

ワンボタンで全体にラフトとサポートをつけることが出来ます。

※脚部分の下にある板がラフト、柱状のものがサポートになります。

しっかり支えてほしいので太いサポートを選択しました。

標準の本数だと少なめなので、手動でサポートを増やしていきます。

造形が開始される、脚の先端やボウリング部分の底には多めにつけておきます。

※底の部分がしっかり造形できていないと失敗したり、途中で崩壊することがあります。

ラフトとサポートが付け終わりましたので、この条件でスライスしてみましょう。

スライスが完了すると、3Dプリントの過程をシミュレーションすることができます。

左側が立体表示、右側が上から見た形状で確認できます。

今回は100%ではなく、20%の詰まり具合で製作する設定なので

ボウリングの中身は大きめの柱で出来ていますね。

ちなみに1層の厚みは0.05mmで、合計約1100層から構成されており、

3Dプリントに掛かる時間は、約5時間30分となっています。

このシミュレーションで問題なければ、スライスデータを保存します。

この過程を得て、やっと3Dプリンタに持ち込むことが出来ます。

次回はついに、3Dプリンタ出力開始です。

といっても始まってしまえば、できるまで待ってるだけですが・・・(5時間30分)

では、次回もお楽しみに

担当Y

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です